コンビニに陳列されている多数の乳酸菌の名前と知識を知っておく

コンビニなどに行きますと、非常に多くの乳酸菌の製品が販売されています。特にヨーグルトが非常に多いですね。

 

ところでそのヨーグルトには、必ずと言って良いほど乳酸菌の名称が記載されています。それもかなり多くの種類が記載されていますね。

 

非常に多種類の乳酸菌が陳列されているコンビニ

 

例えば本日私が足を運んだあるコンビニでは、少なくとも3種類の菌の製品が陳列されていました。確かLG21と呼ばれるタイプとR1とビフィズス菌です。それら3つの菌には、働きに関する違いがあります。

 

まず1つ目のLG21と呼ばれるタイプは、いわゆる胃に働きかけるタイプです。大腸や小腸にも働きかけてくれますが、どちらかと言うと胃に対する効果が見込めるそうですね。

 

それと2つ目のR1というタイプは、身体の抵抗力を強めてくれると言われています。その乳酸菌を摂取すると、風邪になりづらくなると言われています。

 

3つ目は、実は乳酸菌ではありません。ビフィズス菌というのは、お腹の中に生息している善玉菌の1つです。

 

このようにコンビニには、非常に多くの菌の商品が陳列されている訳です。あれだけ多くの製品が陳列されていて、ほとんどが専門的な用語ですので、果たしてどれを選べば良いか困ってしまう方もいらっしゃるかと思いますね。知識が無いと、ちょっと選ぶのに苦戦してしまうかもしれません。

 

参照先
便秘 乳酸菌

 

それぞれの乳酸菌の特徴を知っている方々も多い

 

その逆に、それらの乳酸菌に詳しい方々も世間では意外と多いのかもしれませんね。わざわざその専門的な用語を商品に記載している以上は、「消費者の方々はこの用語はご存知だろう」とメーカー側が考えている可能性もあります。

 

どちらにしても多くの製品が並んでいる以上、やはりそれらの専門的な用語に関する知識を覚えておくのは大事だと思いますね。