緊張している時の腹痛の改善が見込める乳酸菌

乳酸菌のメリットは、緊張している時のお腹に対するサポートです。
私たちは緊張してしまっていると、たまにお腹が痛くなってしまう事があります。

 

現にスポーツ選手などは、そのような事がしばしばあるようですね。なぜなら試合の前に、ちょっと緊張してしまうからです。それで多くのストレスを抱えてしまい、試合の前日はちょっとお腹が痛くなってしまう事例がたまに見られます

 

乳酸菌の摂取でお腹の痛みが解消できる事も

 

043.jpg

ではどうすればその痛みを避けることができるかと言うと、その方法の1つが乳酸菌なのですね。

 

乳酸菌というのは、お腹の抵抗力などを強めてくれる働きがあります。ストレスによってちょっとお腹の具合が悪くなっていても、乳酸菌で対抗できる事がしばしばあるのですね。

 

その菌類が、お腹に対して色々とサポートをしてくれるからです。また善玉菌を増やしてくれるのも、お腹の痛みの解消にもつながるかと思います。

 

サプリメントでお腹が痛くなくなったサラリーマンの事例

 

034.jpg

実際ある方は、ある乳酸菌のサプリメントを摂取してお腹の痛みが解消されたそうです。その方の場合は、ちょっとスポーツではなく別の理由でお腹が痛くなっていたようですね。

 

その方はどうもサラリーマンのようで、仕事で緊張する局面も度々あったそうです。それで緊張している時にはちょっとトイレに行きたくなってしまって、困っていたようですね。

 

ある時に、ある乳酸菌のサプリメントの摂取をしました。その結果、たとえ緊張している時でもトイレに駆け込むような事がなくなったそうです

 

ですので乳酸菌というのは、緊張をしている時のお腹に対して働きかけてくれると期待できます。もしも普段のお仕事やスポーツで緊張しがちな時には、ちょっと乳酸菌を摂取してみるのも良いのではないでしょうか。

2015/04/21 01:31:21 |

人によっては、口の臭いに関して悩んでいる方もいらっしゃいます。いわゆる口臭ですね。
口臭は、欧米諸国では非常に重視されます。口の中の臭いを消しておくのが、エチケットと見なされているのですね。もちろん最近の日本でも、そのエチケットは重視されているでしょう。そして中には、その口の臭いに困っている方もいらっしゃる訳です。

 

悪玉が多いと口の臭いが悪くなる

 

口の中の臭いが悪くなっている原因は、色々考えられます。その中の1つは、悪玉菌ですね。

 

参考サイト
もう悩まない!乳酸菌で花粉症と決別!

 

テレビの特集などを見てみますと、よく悪玉菌という表現を耳にするでしょう。悪玉菌と聞くと、お腹というイメージが強い方も多いと思います。しかし実はその菌類は、口の中にも生息しているのですね。口の中が悪玉優勢になってしまえば、上記のような臭いが発生してしまうと考えられています。

 

つまり口の臭いを改善するためには、善玉優勢の状況を作り上げてあげる必要があります。

 

善玉優勢になるので口臭が改善される

 

ではどうすれば善玉優勢の状況を作る事ができるかと申しますと、スーパークリッシュという商品を用いてみるのも1つの方法ですね。その商品の中には、LS1という乳酸菌が多く配合されています。いわゆる善玉菌が多く配合されている製品なのですが、それを接種すると善玉優勢になると期待できるのですね。

 

ちなみにそのスーパークリッシュを摂取した方の中には、だいぶ口の臭いが改善された方もいらっしゃいます。その方の場合は、友人に臭いをチェックしてもらったようですね。今までは口の臭いが悪かったのですが、それを摂取してから逆に良い臭いに変化したのだそうです。恐らく善玉菌が多くなったので、臭いも改善されたのでしょう。

 

そのような事例も見られるので、もしも口の臭いが気になるのであればスーパークリッシュを試してみると良いでしょう。

2015/03/25 17:10:25 |

コンビニなどに行きますと、非常に多くの乳酸菌の製品が販売されています。特にヨーグルトが非常に多いですね。

 

ところでそのヨーグルトには、必ずと言って良いほど乳酸菌の名称が記載されています。それもかなり多くの種類が記載されていますね。

 

非常に多種類の乳酸菌が陳列されているコンビニ

 

例えば本日私が足を運んだあるコンビニでは、少なくとも3種類の菌の製品が陳列されていました。確かLG21と呼ばれるタイプとR1とビフィズス菌です。それら3つの菌には、働きに関する違いがあります。

 

まず1つ目のLG21と呼ばれるタイプは、いわゆる胃に働きかけるタイプです。大腸や小腸にも働きかけてくれますが、どちらかと言うと胃に対する効果が見込めるそうですね。

 

それと2つ目のR1というタイプは、身体の抵抗力を強めてくれると言われています。その乳酸菌を摂取すると、風邪になりづらくなると言われています。

 

3つ目は、実は乳酸菌ではありません。ビフィズス菌というのは、お腹の中に生息している善玉菌の1つです。

 

このようにコンビニには、非常に多くの菌の商品が陳列されている訳です。あれだけ多くの製品が陳列されていて、ほとんどが専門的な用語ですので、果たしてどれを選べば良いか困ってしまう方もいらっしゃるかと思いますね。知識が無いと、ちょっと選ぶのに苦戦してしまうかもしれません。

 

参照先
便秘 乳酸菌

 

それぞれの乳酸菌の特徴を知っている方々も多い

 

その逆に、それらの乳酸菌に詳しい方々も世間では意外と多いのかもしれませんね。わざわざその専門的な用語を商品に記載している以上は、「消費者の方々はこの用語はご存知だろう」とメーカー側が考えている可能性もあります。

 

どちらにしても多くの製品が並んでいる以上、やはりそれらの専門的な用語に関する知識を覚えておくのは大事だと思いますね。

2015/03/22 00:53:22 |

人々は、たまに旅行に行く場合があります。遠方に行くとなると、乳酸菌をどのような方法で摂取するかは案外大切なポイントだと思います。なぜなら方法によっては、ちょっと旅行先での摂取が困難になる事があるからです。

 

ヨーグルトの弱点と冷却

 

乳酸菌と聞くと、多くの方々はヨーグルトをイメージなさるかと思います。実際確かにヨーグルトは、乳酸菌を摂取するためには良い方法ではあります。ヨーグルトの中には、非常に優秀な製品もありますね。
ところがヨーグルトには、残念ながら弱点が1つあります。余り日持ちしないのですね
旅行先にヨーグルトを持参する事は、一応可能ではあります。しかし冷却をしなければなりませんね。クーラーボックスなどを用いてヨーグルトの冷却をする事も一応可能ですが、それはあまり現実的ではありません。クーラーボックスは少々重いので、労力がかかってしまうからです。また冷却をするための氷なども必要ですので、費用も多くかかってしまいますね。

 

顆粒状の乳酸菌は旅行先にも持参可能

 

ところが乳酸菌の製品の中には、粒状のものがあります。例えば乳酸菌のサプリメントなどは、その1つですね。あれは長い期間放置をしていても、簡単には腐敗しません。
そして乳酸菌のサプリメントを摂取している方々は、しばしばそれにメリットを感じているようです。ある方は乳酸菌のサプリメントを購入しているのですが、それを必ずと言って良いほど旅行先に持って行っているようです。ヨーグルトと違って、持ち運びができるのが便利と感じているようですね。
何もサプリメントだけに限りません。顆粒状のヨーグルトなどもありますが、あれもかなり長い間保存する事ができますね。
このように乳酸菌の製品に対しては、しばしば「冷却不要で旅行先などに持っていける」事が求められているようです。

2015/03/22 00:52:22 |

乳酸菌を摂取する方法には、サプリメントがあります。
サプリメントでそれを摂取するメリットは色々あるのですが、まずは労力でしょうか。1日に2回や3回などの頻度でヨーグルトを摂取するのは、とても大変です。しかしサプリメントの場合は、それほど多くの労力は必要ありません。
ですのでサプリメントは労力のメリットが大きいですが、もう1つ軽視できない点があります。それは糖分ですね。

 

糖分の取り過ぎは腸内環境には良くない

 

私たちは、あまり糖分は多く摂らない方が良いと思います。それを多く摂取してしまいますと、やはり色々とネガティブな症状が発生するからです。
また糖分の取りすぎは、お腹の環境にも余り良くないと言われています。ほどほどに摂取する分には構いませんが、過剰摂取はかえって腸内環境を悪化させてしまう可能性があります。

 

ヨーグルトよりも糖分が控え目な乳酸菌のサプリ

 

ところで乳酸菌を摂取する方法にヨーグルトがありますが、上記の糖分に関するデメリットを感じている方もいらっしゃいます。現にある方は、ある時まで乳酸菌の飲料を飲んでいたようです。しかしかなり多くの糖分が含まれているので、ちょっとそれが心配だったようなのですね。
ところがある時から、サプリメントに切り換えたようです。なぜなら乳酸菌サプリメントの場合は、それほど多くの糖分は入ってません。ヨーグルトのような糖分過剰になる事は無いと考えたので、その方はサプリメントを飲むようにしたようですね。
前述のようにサプリメントは、労力も少なくなります。それに加えて糖分の摂取も控える事ができますので、「ヨーグルトよりはサプリメントで乳酸菌を摂取する方が好ましい」という意見もある訳ですね。実際糖分が心配な方の場合は、ヨーグルトよりはサプリメントの方がベターだと私も思います。

2015/03/22 00:52:22 |

乳酸菌は、たまに他の菌類と混同されてしまう事があるようです。その1つはビフィズス菌ですね。
ビフィズス菌は、恐らく多くの方々が耳にした事がある名前だと思います。実際多くの乳飲料などにも、ビフィズス菌が用いられていますね。ですので乳酸菌と混同されがちなのですが、実は両者は明確に違います。

 

乳酸菌よりも数が多いビフィズス菌

 

まず腸に生息している数に、大きな違いがありますね。そもそも乳酸菌というのは、私たちのお腹の中にはそれほど多く居住していないのです。むしろかなり少ないですね。
例えばお腹の中に生息している全ての善玉菌が、1万だとしましょう。その中で乳酸菌が占めている割合は、せいぜい10程度ではないでしょうか。もう少し少ない可能性もあります。
それに対してビフィズス菌の場合は、圧倒的に多いですね。9,990程度は、ビフィズス菌と言われている位です。まずこの数が、両者の大きな違いの1つと言えるでしょう。

 

ビフィズス菌に比べると胃の酸に耐えるられる乳酸菌

 

それと、酸に対する耐性があります。経口摂取された物は、必ず胃を通過する必要があります。その中は多くの酸で満たされているのですが、ビフィズス菌と乳酸菌はその酸に対する耐性の違いがあるのです。
前者のビフィズス菌の場合は、ちょっと胃酸には弱い傾向がありますね。それに対して乳酸菌の場合は、必ずしも胃酸に弱いとは限りません。乳酸菌と言っても非常に多くの種類がありますが、中には胃酸に非常に強いタイプもあるのですね。実際ヨーグルトに用いられている乳酸菌などは、最近は腸に届くタイプが多いですね。
このためビフィズス菌に比べれば、乳酸菌の方が小腸や大腸に届きやすいのが特徴と言えます。両者はしばしば混同されがちなのですが、「数」と「胃酸への強さ」という2つの違いがある訳ですね。

2015/03/22 00:50:22 |

乳酸菌は非常に様々な種類があるのですが、その中でもラブレ菌は多くの方々には非常に身近な存在です。なぜならその菌類が入っている製品は、とても身近なお店で販売されているからです。
私は本日、あるコンビニに足を運んできました。その中にはラブレ菌を含むヨーグルト飲料が販売されていたのです。コンビニは私たちにとって身近な存在ですので、ラブレ菌もやはり身近な乳酸菌の1つと言えるでしょう。

 

胃酸に対する抵抗力が強いラブレ菌

 

ところでその菌類には、主に2つの特色があります。まず1点目ですが、お腹の中に届きやすい点ですね。
そもそも口から摂取された乳酸菌は、必ず難関を突破しなければなりません。胃酸の強さは、乳酸菌にとっては驚異ですね。
ところがラブレ菌の場合は、その強い胃酸を突破できる力を持っているのだそうです。ですので大腸や小腸などにも、行き届いてくれるでしょう。

 

身体の抵抗力を強めてくれるラブレ菌

 

それともう一つ特色があって、ラブレ菌は病気に対抗する力を強化してくれる働きが見込めます。お腹の中には、沢山の抗体が生息しています。その中にインターフェロンと呼ばれる物が含まれているのですが、ラブレ菌はそれに対して働きかけてくれるそうなのです。それでNK細胞と呼ばれるものが作られて、だんだんと抵抗力が高まっていくと言われています。抵抗力が強まれば、もちろん私たちは病気などになりづらくなるでしょう。
ただしラブレ菌は、即効性があるものでもありません。一時期「摂取してからどれ位の日数でインターフェロンの数が多くなるか」という実験が行われたのですが、1つの目安としては4週間と言われています。ですので3日や1週間程度で効果が出るものではありませんね。ラブレ菌は、比較的長く摂取をする必要があるでしょう。